甲斐犬物語15

甲斐犬物語 15

本家争いにまで発展 歯車狂わせた利害関係 山梨日日新聞「甲斐犬物語 15」

山梨日日新聞で1982年1月1日から1月17日まで、竹田十九平記者による甲斐犬に関する記事が連載されました。 記者の観点から取材された内容は、甲斐犬の基本的なことを理解するのに役立ちます。

(展覧会で審査を受ける甲斐犬、昭和四十年代に入ると甲斐犬は全国に普及した)

 

猟師や愛犬家たちの努力で、甲斐犬は明治維新を契機に始まった洋犬流入による雑種化と、第二次世界大戦中の動物の大量虐殺による絶滅を免れてきた。 二つの機器を乗り越えた甲斐犬は戦後、素晴らしい反映を続けた。 戦後しばらくは、まだ県内の一部愛犬家が、県外では本格的な日本犬愛好者の間でしか興味は持たれなかったものの、甲斐犬本来の特性は一般愛犬家にも徐々に浸透していった。 甲斐犬愛好家は県内ばかりか、九州、東北まで広がる一方、保護活動が功を奏して絶滅、雑種化の危機を完全に回避した。 神秘性を備え、飼い主に忠実で、愛玩用にも、狩猟にも、番犬としても持ち前の特性を発揮する甲斐犬の人気はますます高まった。 愛犬家の間では「釣りはヘラ(ヘラブナ)に始まって、ヘラに終わる」という太公望の格言をもじって「犬は甲斐犬に始まり甲斐犬に終わる」とさえ言われる。その人気はペットブームで拍車がかかった。 昭和六年、僅か十二人でスタートした甲斐日本犬愛護会(現甲斐犬愛護会)はペットブームの起こった昭和四十年代になると規模は拡大の一途をたどり、かつては県内の名士、有力者会員構成も開放的、庶民的なものに変容していった。 底辺の拡大は甲斐犬の普及という面では大きなプラス面となった半面、愛犬家同市の意見の対立を生んだ。 昭和四十五年、それまで甲斐犬愛護会の幹部でもあった中巨摩郡白根町在家塚の中込重平(77)は同じ甲斐犬愛護会の名称で別団体を旗揚げした。 長い間、一枚岩の団結を誇った愛護会に発のトラブルが起きた。当時も幹部役員で現愛護会会長の小林君男は「あちら(中込)は会を除名になった人。個人の名誉のため除名理由は言わないが、問題にならない話と無視した。 一方、中込は「愛護会は四十四年に解散宣言をしている。うちの会は正当なもの」と主張して、回の運営を続行、愛護会名で血統書の発行を続けた。 対立はその後もエスカレート、四十九年には小林側が甲府地検に愛護会の名称使用と血統書発光禁止の仮処分申請を提出、本家争いは法廷にまで持ち込まれた。 結果は小林側の主張を全面的に認める形で若いが成立、本家争いそのものは決着がついた。 しかし中込は同じ年、今度は甲斐犬保存会という名称で甲斐犬保護団体を設立、中込の引退後は山梨市矢坪の小泉祐啓(66)が会長職を引き継ぎ、現在も独自の展覧会を続けている。 県内で甲斐犬展を開く団体は愛護会、保存会のほかJKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)山梨連合会=甲府市中央一丁目、会長・田中誠(67)がある。 小林、小泉、田中はそれぞれ完全に無視している。互いに「話もするのもいや」というのが実情だ。 しかし甲斐犬に注ぐ愛情は一致している。 「甲斐犬は日本犬の中でも最高の犬」(小林) 「良い犬は良い」(小泉) 「素晴らしい性能を持っている」(田中) と声もはずむ。 同じ目的を持ちながら、どこでどう歯車が狂ったのだろうか。 この疑問に対して、ある愛犬家は「甲斐犬が脚光を浴びると同時に金もうけの道具にもなるようになった。 甲斐犬に限らず、いい犬、悪い犬を値段で決めるようになり、ペットブーム以前はあくまでも保存と愛護が目的だったのが、利害関係が入り込んできた」と苦笑いする。 もしそうだとしたら甲斐犬の方こそいい迷惑である。   (敬称略)

甲斐犬物語16

甲斐犬物語 16

将来担う地元愛犬家 県外にも増えた所有者 山梨日日新聞「甲斐犬物語 16」

山梨日日新聞で1982年1月1日から1月17日まで、竹田十九平記者による甲斐犬に関する記事が連載されました。 記者の観点から取材された内容は、甲斐犬の基本的なことを理解するのに役立ちます。

(ほえる甲斐犬、山梨の山に揉みついた甲斐犬は山梨の山が最も合う)

 

県内で国の天然記念物に指定されているのはカモシカ、ライチョウ、ブッポウソウ、西湖のコウモリ、それに甲斐犬の五種類である。 甲斐犬以外はすべて大自然の中でっ暮らしている。 人間に飼われている甲斐犬は特殊な存在でもある。 しかし甲斐犬は甲府市など県内を中心に五千匹とも六千匹とも言われるほど多くなった。 昭和四十年代までは優秀な甲斐犬には文部省から認定メダルが贈られたものである。 しかし甲斐犬の数が増え、絶滅の心配がなくなったことなどを理由にメダル交付は中止となった。 一部の愛犬家の中には「最近これだけ増えたので、国の天然記念物指定が解除される」 と、まことしやかなうわさまで出ている。 しかし甲斐犬は学術的にも歴史に残る立派な国の天然記念物。 今後も天然記念物であり続ける。 文化庁の文化財調査員桜井信夫は次のように言う。 「国が甲斐犬を天然記念物に指定したのは、あくまでも在来犬種の日本犬として価値があるからだ。 絶滅してしまえば天然記念物の取り消しはあるが、逆にいくら数が増えても実在する限り天然記念物であることは変わらない」 また、どの犬が天然記念物かについては「以前は認定メダルを発行していたが、何もメダルをもらった犬だけが天然記念物ということではない。 現在も純粋種であれば天然記念物だ。 甲斐犬の場合、愛護団体の熱意でどんどん数も増えているようだが、良いことだと思う。 天然記念物に指定しているほとんどの動物の保護、保存については都道府県ごとの指導にかませている」と語っている。 県内の文化財、天然記念物を保護する立場にある県教委は各団体の開催する甲斐犬展覧会に「教育長賞」を寄贈して保護、保存を奨励している。 昭和四十年代の中旬から表面化した甲斐犬愛好家内部のトラブルには介入を避けている。 県教委文化課長は倫井俊一はこう言う。 「保護団体が乱立した事実は聞いているが、件としてはあくまでも各団体が甲斐犬の保存を目的に活動していると理解していて、教育長賞という形でバックアップしている。 文化庁の方針と同じで、民間団体の努力に期待するといった状態だが、雑種化、絶滅などというような事態が起これば直接的な指導や介入に乗り出すこともあり得る」 また、 同課の文化財担当副主幹の広報等は「県内で国の天然記念物に指定されている動物のうち、カモシカ、ライチョウ、ブッポウソウは従来の生息に変化はないが、甲斐犬の場合は当初生息地といわれた芦安村から、甲府盆地に移っている。 飼い犬として保存されてきた事情で特異な現象だ」と言っている。 岐阜農大教授田名部耕一も学者グループの集まりである在来家畜研究会の調査報告によると、 秋田犬、紀州犬 などの日本犬が原産地を離れて全国的に分布するようになっているのに対して、 甲斐犬はいまだに山梨県内に圧倒的に多い。 しかし昭和四十年代以降、県外にも甲斐犬愛好家が増えた。 事実、県外愛好家も素晴らしい甲斐犬の所有者が多い。 うかうかしていると、県外に行かなければ純粋な甲斐犬にお目にかかれない、といった事態も起こりかねない。 飼い犬、猟犬という特殊な形態で受け継がれている甲斐犬の将来は県内愛犬家の双肩にかっかっていると言っても過言ではない。 (敬称略) <竹田十九平記者> =おわり=