甲斐犬の近代史

昭和十年の二月、北白川宮殿下は、甲府四十九連隊を観閲しました。
その折、
犬好きの妃殿下の要望もあり、舞鶴公園の広場で甲斐犬をご覧になりました。この写真はその時の記念写真。妃殿下には、寺田七男さんが飼っていた甲斐犬をさしあげたそうです。
大正時代に、
オオカミとの繁殖が試みられました。グレートデン・土佐犬・独ポインター・ブルドッグ・日本犬を狼舎に、
次々にいれてみましたが狼に喰いつかれたり、犬のほうが腰をぬかしたりしてしまい、
結局は交尾までには至らなかったのですが、甲斐犬オス1才と、メス狼(1.5ヶ月)を同居させた。やがて狼は8貫と甲斐犬4.2貫の2倍にもなったが、食事のときケンカをしても「狼、甲斐犬におよばず」で、甲斐犬のほうが強く、2年後のシーズンに交配に成功しました。

(右写真の左:甲斐犬オスと右:狼メス)
新狼犬の誕生。
甲府動物園小林承吉さんは、
狼と犬の研究に役立てたいと、
園長をしていた甲府動物園で
飼っていた満州狼と、甲斐犬を交配されて、
新狼犬を誕生させました。白っぽい子が狼に似た子でした。
写真は、その新狼犬たちです。性質には狼の特性を持っていたようで、
猛獣を扱う技術を得ている人間でないと、
飼ってはならないと、
後に小林さんは忠告しています。